妊娠線の予防に効果があるという「シラノール誘導体」について!

妊娠線予防クリームの中でも人気のあるベルタマザークリームですが、
その中に「シラノール誘導体」という成分があります。

シラノール誘導体はいったいどんな成分なのか、
また、どんな効果があるのでしょうか?

シラノール誘導体とは、正式に言うと、
アスパラ銀酸メチルシラノールヒドロキシプロリンといい、
コラーゲンに対する再構築作用および皮膚弾力に対する
修復作用をもつことが証明されているようです。

これは、コラーゲンに特有なアミノ酸で、
コラーゲンの合成促進作用があり、
ハリや弾力のある肌に導く効果があるとされており、

主な使い方は、アミノ酸誘導体、保湿剤として使用されています。

海外の妊娠線に対する臨床試験では、
シラノール誘導体を配合した妊娠線ケア化粧品に対して、
86%の産婦が非常に良い、または良いと回答しています。
最近、父が家庭菜園で育てている「きゅうり」を収穫しました。
その時に、いろいろ学びました。まずは、知っている方は、「当たり前だ・・・。」と思うかもしれませんが、「『きゅうり』と言うものは、花が咲いてから出来ていくもの」だと言う事を初めて知りました。
追加でこのような事も習いました。
「『きゅうり』の実がなっていない花は間引き(花を取る)をする。」と言う事です。
「そうしないと、『きゅうり』に十分な栄養が行かない。」という事も学びました。

最後に、一番、記憶に残ったことが、「『きゅうり』は夜に育つ」という事です。
「昼間にいっぱい太陽の日光を浴びて、水を巻き水分も十分に得た『きゅうり』はとてもみずみずしくて『美味しい。』」という事でした。
なので、「朝取り」(朝早く収穫する事)をした物が一番、栄養があって美味しいという事でした。
やってはいけない事も教えてもらった。「昼に水を挙げる。」という事だった。
理由は、「昼間に水を挙げると熱で水が温まり『根が腐る』」という事も教えてくれた。
勉強になった。

 

コメントを残す