グルコサミンサプリの効果と副作用、タマゴサミンとの違いは?

ヒザの痛みを解消する成分としてよく「グルコサミン」サプリメントが効果があると言われます。

グルコサミンはヒザの曲げ伸ばしのクッションの役割を持つ「ヒアルロン酸の生成」。

ちなみに、両方一緒に摂ると良いとされるコンドロイチンは「水分保持」「軟骨を丈夫にする」という効果があります。

グルコサミンは適量を摂取すれば「胃痛」「胸焼け」「便秘」「下痢」などは出ないと言われていますが、「血糖値の上昇」「インスリン効果の低下」が懸念されています。

また、グルコサミン1日1500mg、コンドロイチン1日1200mg(55~90kg基準)の摂取量をオーバーすると肝機能や高血圧などに影響も出てくるとのこと。

一方、今注目のタマゴサミンサプリメントは卵のもつ成分「アイハ」(皇潤プレミアムにも含まれる成分)がグルコサミンと同じ「ヒアルロン酸の生成」に効果があります。

また、タマゴサミンに含まれる「Nアセチルグルコサミン」という成分はグルコサミンの3倍の吸収率で、それが400mg配合のためグルコサミンと同等の効果があります。

また、タマゴサミンにはコンドロイチン300mg相当も配合されており、副作用の少ない独自のバランスでヒザの痛みを軽減させます。

さらにタマゴサミンは2型コラーゲンといって20種類ものコラーゲンが配合。

これによって肌・細胞から綺麗にし、様々な所からヒザを修復させるサプリメントがタマゴサミンになります。

しかも、タマゴサミンは初回50%OFFキャンペーン実施中なので、簡単にお試しすることができます。

グルコサミンは摂取量を合わせるのが難しく、コンドロイチンと合わせると高くなってしまうので、タマゴサミンの方がお得と言えそうですね。

コメントを残す