採用担当者が今すぐ使うべきオススメの求人サイトとは?

「求人広告を出しているけど応募が来ない…」
「毎週の求人広告費の出費がきつい…」

こんなお悩みをお持ちではありませんか?
10年前と比べると、労働人口が大きく減少しているので、求人広告の効果も低くなってきています。
そして、今後も労働人口は減少の一途を辿っていくため、応募が来ない状況や広告費の問題は深刻化してしまいます。

今回ご紹介するのは、無料で求人広告を掲載できる求人サイトです。
求人広告を無料で掲載できる求人サイトは今までもいくつかありました。
しかし、今まで存在していた無料の求人サイトは、掲載しても効果がほとんどでなかったのです。

しかし、ここ2.3年で優秀な無料求人サービスが増えてきています。
たとえばインディードという求人サイトがありますが、有名すぎて既に使われているのではないでしょうか。
インディードには膨大な求人広告が掲載していますが、その大半はウェブ上の求人広告を収集して掲載しているだけです。
このような仕組みを持つサイトはインディード以外にも増えてきていて、かつ利用者が非常に多いというメリットがあります。

しかし、このようなサイトに1つずつアカウントを登録して、求人広告を作っていくのは簡単ではありません。
「どうせ無料ならまとめて掲載できたらいいのに…」と誰もが思う悩みを解決する手段があります。
それが複数のサイトに一括掲載できる求人サイトの利用です。
求人広告を1つ作るだけで多数のサイトへと掲載してくれるこのサービスなら、無料でありながらも高い効果を期待することができます。
もし求人広告の運用でお悩みでしたら、こういった求人サイトの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

無料で求人掲載

大阪ガスから関電ガスならネオ・コーポレーションで

節約を考えている場合、毎日必ず発生する出費を減らすというのが一番です。

毎日かかる出費には様々なものがあります。
例えば、電機や携帯、水道料金などです。

その中でも、この記事では、ガス料金について説明したいと思います。

もしあなたが、大阪ガスと都市ガス契約をしているなら、
「関電ガス」に変更することでお得になるそうです。

ですが、ガスを変更するとなると、
工事が必要なのかといった心配ある人も多いでしょう。

ですが、関電ガスの「なっトクプラン」なら、
工事不要で変更ができ、機器の購入も不要です。

また、品質も今まで通り使うことができます。

品質が変わらない理由としては、
今までのガス管を使って消費者にガスを届けるので、
品質が変わらないというわけです。

ガスは安全が第一ですから、このようなことは重要ですね。

そして、関電ガスに変更するには、関西電力の正規一次販売代理店の「ネオ・コーポレーション」の公式サイトから連絡ができます。

「ネオ・コーポレーション」の公式サイトには、
ガス契約に関する情報が多く載っていますので、
ぜひ参考にしてみるとよいでしょう。

「ネオ・コーポレーション」の公式サイトはこちらから
大阪ガスから関電ガスならネオ・コーポレーションで

 

<コラム・ガスの自由化について>
日常的に使っているガスですが、使用量の多さにも関わらず、
月にいくら払っているかということや、どこの会社と契約しているかも知らないという人もいるのではないでしょうか。

些細な日用品の購入には料金を気にするのに、
毎日使っているガス料金には気を使わないというのは不思議な話ですよね。

人々がガス料金に関心が薄い理由として、
ガスの契約があると思います。

というのも、ガスを契約する場合その地域にある特定のガス会社しか契約先がないという思い込みがあるのではないでしょうか。

私もガスを契約するにはその地域にある特定のガス会社と契約するしか選択肢がないと思っていました。

ですが調べてみると、ガスを契約するときには、複数の会社があり、
料金も会社によって異なることがわかりました。

これは「ガス自由化」といって、従来はできなかったことですので、
知らない人も多いことでしょう。

ですから、家計の節約を考えている人は、ガス料金を見直してみるとよいでしょう。

 

ブレーカーとは?【電子ブレーカーならネオコーポレーション】

ブレーカーとはそもそも何か知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

もちろん、名前を知っている人は多いともいます。
何せブレーカはよく落ちますからね。

ですが、なぜブレーカーが落ちるのか、その仕組みを知っている人は多いでしょう。

私も最近まで、ブレーカーが落ちる仕組みについては全く理解しておりませんでした。
ブレーカーが落ちるのは、電気を使いすぎたことで、ショート?しているものだと思っていました。

ですが、どうやら調べてみると、違うようで、
ブレーカは設定された以上の電気が流れると作動するものなんだそうです。
これは、配線や設備を守るために必要なことで、JIS規格にて定められた以上の電流が流れたら、電流を遮断することになっています。

今までのブレーカーは熱伝導式ブレーカーといって、
過電流発生熱で電流を遮断するという仕組みになっています。

これは、熱膨張係数が異なる2つの金属板を張り合わせることで、定められた以上の電流が流れると、湾曲量の違うことを利用して、ブレーカーを落としています。

これがいわゆる、「ブレーカーが落ちる」ということになります。

また、上記のような、電流量によって作動するブレーカーのほかに、
漏電ブレーカーというものもございます。

漏電ブレーカーは、
配線や電気製品の漏電を察知して、自動的に電気を止めるブレーカーになります。

ブレーカーは、電気を使うために必要な役割を持っていますが、
従来型のブレーカーには問題点がいくつかあります。
というのも、従来の熱動式ブレーカーは、電気が流れることで発生する熱で金属が膨張する性質を利用して、電気を止めるため、
実際に流れている電気を計測しているわけではありません。

ですので、実際に流れている電流と「ずれ」が生じます。

このような問題を解消するために最近登場したのが、電子ブレーカーです。
電子ブレーカーは、実際に流れている電流と時間を測った上で電気の遮断をするため、電気の無駄が少なくなります。

電気の契約は、大きく分けて「従量電灯」と「低圧電力」があります。
従量電灯は、一般家庭で用いられる契約を言い、
低圧電力は、法人向けの契約になります。

また、「従量電灯」では「主開閉器契約」が、
「低圧電力」では「負荷設備契約」が一般的に用いられます。
「負荷設備契約」というのは、契約者が使うモーターの容量の合計で契約電力を決める方法です。
一方、「主開閉器契約」はブレーカーの容量で契約電力を決定します。

「負荷設備契約」の欠点として、すべての電気機器が動いている前提で契約容量を決定するため、実際の実働時間が少ない場合だと、料金が割高になりがちでした。

一例として、エレベーターは常に動いているわけではないですが、
「負荷設備契約」では、常に動いているものとして電気料金を計算する場合があります。

ですから、「負荷設備契約」は、実際の電気の使用量よりも多くの電気料金が請求される可能性があります。

「主開閉器契約」では、実際に使っている電気量からブレーカーの容量を決めるため、比較的、実際の使用量と相違なく料金を支払うことができます。
このように、電気といっても、複数の契約内容があることを知っていただけると思います。

電子ブレーカーならネオコーポレーション

 

 

感震ブレーカーが便利、外出中の急な地震で慌てない

東日本大震災のときの計画停電や、
震度6の揺れの中、慌ててブレーカーを落としにいったことを思い出します。幸い東日本大震災のときの賃貸アパートは玄関前にブレーカーがあったので、避難の前にブレーカーを落とせました。
しかし、あの震度を体験すると、もし地震のときに留守で、タイマーをセットして、衣類乾燥機や置き型ヒーターをつけっぱなしで外出していたらどうなっていただろうとヒヤリとします。
ちょっとの外出や買い物だと、衣類乾燥機や置き型ヒーターはタイマーをセットしてつけっぱなしで出掛けます。
家に帰ったときに寒いより、暖かい方がいいので、タイマーがあれば安心だと油断しています。
もし地震でヒーターが倒れてフローリングに火がついたり、衣類乾燥機から火が出たらどうしようと心配になります。
夏だと、節電のためにエアコンは設定温度高め、扇風機を併用して両方併用しています。
頻繁にスイッチを入れたり切ったりするより、安定した温度で長時間使った方が電気代は安く抑えられます。
そのため、タイマーをセットしてちょっとスーパーやコンビニまで出掛けることが多いです。30分くらいなら大丈夫だと思っていました。
しかし、もし外出中に地震が来たら家のブレーカーは自分の手で落とせません。
私のようにタイマーをセットして家電をつけっぱなしで出掛けない方もいると思います。
しかし、冷蔵庫、換気扇、テレビ録画、何かしらの家電が家で動いている人も多いのではないでしょうか。
倒れた冷蔵庫の線がちぎれて、スパークして火花が出て床に燃え移ったら怖いです。
仕事中や外出中に地震が来ても、家のブレーカーが地震を感知して止まってくれたら、電気火災の心配がかなり軽減されます。
感震ブレーカーにはさまざまな種類があり、特定の医療器具などの電気は止めないように設定出来るものもあります。
自宅でご自身や家族が在宅療養している方で、電気が命綱という方もいるでしょう。
そのお家のライフスタイルや生活パターンに合わせた感震ブレーカー選びが必要だと思います。
感震ブレーカーに自治体の補助金が出る市区町村もあります。
ぜひそういった制度を活用して、地震に備えてください。
また、感震ブレーカーを過信し過ぎずに、出かけるときにはなるべく家電の電源は落としたいものです。

ポイントとしては、

・感震ブレーカーの設置
・使わない家電の電源プラグを抜いておく
・どうしても使う家電はタイマーをセット
・家電本体の方も地震の揺れで止まる物を買う

このように感震ブレーカーと他の対策を併用して、地震のときに自宅にいなくても、電気火災を起こさないように気をつけていきたいです。

ネオ・コーポレーションの紹介キャンペーン

 

東京都・武蔵村山市で新築戸建を探すなら

東京都で物件をお探しでしたら、ずばり、吉泰不動産の「不動産専門館」がおすすめです。
この「不動産専門館」で東京都・武蔵村山市の不動産を検索してみたところ2019年9月現在で、43件の物件が見つかりました。
しかも、サイト上で価格はもちろんのこと、間取りまで確認できますので、大変便利であるといえます。

最近では不動産を探すのにも、ネット上であらかじめ不動産の目星をつけておいて、
具体的な情報を実店舗で確認するのが一般的ですので、
「不動産専門館」のようなサイトはおすすめです。

「不動産専門館」はこちらからどうぞ↓
新築 武蔵村山市

 

<コラム・花火大会が見えるマンションを購入しました>
花火大会が見えるマンションを購入しました。最高のロケーションです。
家族で大阪に出て来て7年目、転職後の生活が安定してきたので思い切って、終の住処を購入することにしました。
早速新聞折り込みの不動産売買のチラシの中からこれといった物件を見つけ、日曜日家族全員で見学に行くことにしました。
見学したマンションは大阪市の北方の川に面した15階建てのマンションで総戸数が250戸、かなり大きいマンションでした。
モデルルームは4LDkで、広さは74.45m、都会のマンションとしては広い方と聞きました。
実際に中を見て家族全員が気に入ってしまい、価格も市内中心部のマンションとしてはお買い得な価格だったので、見学したその日に契約してしまいました。
そして引っ越し当日、私は何度か足を運んでいたのですが、妻以下子供達も自分の家に入るのは初めてです。
みんな中に入って「ああいいなぁ」と思わず歓声を上げました。
そして荷物が入る前に自分の部屋、リビング、浴室、ベランダなどを見てまわり、「いいな、いいな」の声しきり、購入して良かったなあと思いました。
後で分かったのですが,南面に面した10階の我が家のベランダから淀川花火大会の花火が良く見えました。
会場まで行って見るとなるとものすごい人と聞いていたので、居ながらにして我が家から花火が見えるなんて、最高のロケーションだなと思ったものです。

 

電力自由化はネオ・コーポレーションで!【新電力】

2016年4月から電力自由化が始まったことで、
従来は東京電力などの大手からしか買えなかった電気が、
いろいろな会社からでも購入できるようになりました。

今まではというと、その地域で決められている電力会社(例えば東北でしたら、東北電力、九州でしたら九州電力など)と契約する必要がありましたが、電力の自由化とともに電気を自分で選んだ電力会社から購入することができるようになりました。

ではどこの会社と電気の契約をしたらよいのでしょうか。

選び方は、価格重視であったり、
サービス内容重視であったりと、選び方は人それぞれあると思います。

価格が一番お得なところにしたいという人も多いと思います。
ですが、価格がいいところだけに注目してしまうと、
サービスが悪かったり、縛りがあったりと、
金額以外のところに欠点があったりします。

ですから、たとえ、金額重視で選ぶ場合であっても、
金額以外の、その会社の評判も見ておく必要があるでしょう。

特に電気のように長く契約するサービスは会社の評判が重要になってきます。
ちなみに、総合的な評価で私がおすすめなのが、
「ネオ・コーポレーション」になります。

ネオ・コーポレーションは日本全国に事業所があり、
その上、東北楽天ゴールデンイーグルスのオフィシャルスポンサーでもあります。
評判の良くない会社だと楽天イーグルスのスポンサーにはなれないので、電気の会社を選ぶうえでそういった点は重要なポイントになります。

以下がネオ・コーポレーションの公式サイトになるので、
気になる人は見てみるとよいでしょう。
*お問い合わせもネオ・コーポレーションの公式サイトからできます。

電力自由化はネオ・コーポレーションで!【新電力】

 

<コラム・電力の自由化について>
電力が自由化になってだいぶ期間が経っていますが、自由化になってすぐに電力会社の契約を変えました。
理由は電気代が高いと感じていたからです。
一戸建ての家に住んでいるのですが特に冬季間の電気代が高く2万5千円を超える月もあって何とかならないかと思っていたのです。
ネットで調べたり他の情報を収集したりして契約の手続きを始めようとしたのですが、スマートメーターを付ける必要があるという項目があって、改めてメーターを見に行ってみるといつの間にかスマートメーターが付いていてビックリ。
早速手続きをして新電力会社と契約しました。
多少不安な面もあったのですが料金が格段に安くなり、しかも請求内容がとてもわかりやすくメールで送信されて来るので細かくチェックできます。
6ヶ月間の電気料金の詳細や推移をグラフで見る事も出来てとても納得できる仕組みになっています。
以前はメーターをチェックする係りの人がメータを見て使用電力量を算出するようなやり方で、請求内容もよくわからないまま電気料金を負担していたわけです。
新電力に切り替えてからは夏場は6千円台、冬季でも2万円を超えることはなくなり、とても満足しています。

 

デマンドコントローラーならネオ・コーポレーションで!

最近、デマンドコントローラーの需要が大きくなってきています。
まだなじみがない人も多いと思いますが、
デマンドコントローラーというのは、現在の電力値があらかじめ設定された最大需要電力(デマンド値といいます)を超える可能性が出てきた場合に、エアコンなどを制御する設備のことを言います。

デマンドコントローラーを販売している会社はいくつかありますが、
私がおすすめなのは、「ネオ・コーポレーション」さんになります。

ネオ・コーポレーションは、初期投資が必要なく毎月の電気料金を減らすことができるというところが最大の特徴になります。

また、電気料金の削減は、翌月からになります。

ネオ・コーポレーションのデマンドコントローラーの導入ができる業種は多く、「老人福祉施設」や「製造業」「ゴルフ場」「ホテル」「ホームセンター」など非常に多くの業種に導入可能です。
*詳しくはネオ・コーポレーションにお問い合わせください。
デマンドコントローラーは、特に電気代が多い高圧電力を利用している業種に効果的ですので、
毎月の電気代の支払いが多い業種はご検討されるとよいでしょう。
また、電気代というのは「いつ」「何が」「どれくらい」使われたのが、わかりにくいというデメリットがあります。

そこで、デマンドコントローラーなら、
電気が「いつ」「何が」「どれくらい」使われているのがわかりますので、削減すべき電気代が一目瞭然でわかるというメリットがあり、
節電に関する意識も高まります。

ネオ・コーポレーションは、デマンドコントローラーの開発から販売以外でも、低圧電力や一般家庭の電気も含めて、最適なコストカットを提案している電気コンサルのプロになります。

はじめて聞いた人も多いと思いますが、
ネオ・コーポレーションは、あの楽天イーグルスのオフィシャルスポンサーであり、関西電力の正規一次販売代理店でもあります。
テレビコマーシャルも放送されており、北は北海道、南は九州まで、日本全国に支店があります。

ですので、安心してお申し込みできる会社になります。

高圧電力のデマンドコントローラーならネオ・コーポレーション

 

 

感震ブレーカーならネオ・コーポレーション【地震対策】

地震が起こった時に注意しなければならないことが二次災害の中で最も多く発生する火災です。

小さな揺れの場合は心配はそこまでしなくても良いかもしれませんが、
大規模な地震の場合、地震直後や停電復旧後の通電による火災がとても増えています。

感震ブレーカーというのは、地震が起こった時にブレーカーを自動で止める装置のことをいいます。

意外と知られていませんが、阪神・淡路大震災の火災の原因の6割近くは通電火災が原因になっているそうです。
この通電火災を起こさないために重要なのが、
「感震ブレーカー」です。

感震ブレーカーは、電力会社や消防庁からも設置が推進されており、
内閣府の「首都圏直下地震対策検討ワーキンググループ」でも、
今後10年で25パーセント以上の感震ブレーカー普及率を目指すと提言しています。
ですから、地震に起因する火災に不安がある人はこの際ぜひ、
「感震ブレーカー」を設置されるとよいでしょう。

ちなみに、感震ブレーカーのメーカーとして有名なのは、
「株式会社ネオ・コーポレーション」でございます。
ネオ・コーポレーションは1999年の創業以来、電気事業を主軸に行ってきた会社です。

独自に開発し特許を取得した「感震装置CRS」は、
産業用としては業界初で、一般家庭以上にハイリスクが想定される工場や事業所などの火災に備えることができます。

詳しいネオ・コーポレーションについては、公式サイトに詳しく乗っていますので、
気になる人はご覧になってみるとよいでしょう。

感震ブレーカーならネオ・コーポレーション【地震対策】

 

 

<コラム・火事を防ぐのに感震ブレーカーは全国で設置した方がいいかも>
地震雷火事親父と言うけど、私は子供の頃1番怖かったのは火事だったのです。
子供の頃に大きな山火事を実際に見たりしたことだったり、ちびまる子ちゃんで永沢くんの家が火事で消失してしまうという悲しいエピソードを見たからその影響も大きいのだと思います。
でも大人になってからは火事は自分で気を付けていれば防ぐことが出来るということもあるので、地震の方が怖いですね。
けど地震によって引き起こされる火災もあるのでそれも怖いなと思います。
今感震ブレーカーという物が存在しているそうです。
感震ブレーカーという物がなんなのか分からなかったのですが、これは大きな揺れが起きることを感知すると、自動的にブレーカーを落としてくれるそうですね。
これを設置することで地震による火災を防ぐことが出来るそうで、東京の方ではいつか来る首都直下型地震に備えて義務化するべきという動きもあるようです。
東京だけではなく東海地震や東南海地震も起きるといわれているので、コレは全国で設置した方がいいのではないかと思います。
もし自分の家に設置していても隣の家が未設置でもらい火事をしてしまったら困ってしまいますからね。
あの巨大地震の揺れを経験したことある人なら分かると思いますが、ブレーカーを落としている心の余裕はなかなかないものです。

 

 

オルゴールの買取なら『ヒストリックサウンド』

オルゴールは美しい音色はもちろんのこと外見や装飾も豪華絢爛なので、歴史や技師の腕やランクによっても買取価値が変わります。
高額で買い取っていただくには外観やゼンマイ等の細かいパーツにも欠けや色落ちがなく、ネジ巻き等の付属品も無くしてないことが含まれます。
主に西洋アンティークは高価買取の望めるものと言えます人々の心を癒し和ませるオルゴールはゼンマイの巻かれる事によって役目を果たします。
しかしゼンマイが壊れていたりしては買取価格が高くなる事は望めないと思います。
インターネットで調べると、様々な買取業者やサイトが出てきますが、価値のあるオルゴールを安く買い取られてしまっては勿体無いので、売却の際には冷静に吟味して、きちんとした業者や、もしくは人に鑑定していただくことが大切であるといえます。
人から人の手へ渡るオルゴールですので売り手側も買い手側も丁寧に扱っていくことが必要とされています。

そんなわけですが、私のおすすめのオルゴール買取サイトは以下になります。
オルゴール買取のヒストリックサウンド

こちらのオルゴール買取サイトはなんと無料で査定していただけるほか、
たとえ壊れたものであっても買取をしていただけるそうです。

また、「ヒストリックサウンド」はオルゴール専門の買取サイトであるということもおすすめのポイントです。

といいますのも、通常のなんでも買取をするタイプの買取サイトですと、
個々の商品に対する知識があまりないため、買取価格が安くなってしまいがちなのです。

その点、、「ヒストリックサウンド」はオルゴール専門の買い取り業者ですので、ほかの買い取り業者よりも高く買い取ってくれる可能性があります。

ですので、使わなくなったオルゴールを買取してもらうときには、
「ヒストリックサウンド」をおすすめします。
ちなみに「ヒストリックサウンド」は店頭買取も行っております。

「ヒストリックサウンド」の実店舗は埼玉県坂戸市にありますので、
近い方は直接行ってみるのもよいでしょう。

武蔵村山で新築をお探しなら

武蔵村山で新築一戸建て不動産を探しているのでしたら、
「吉泰不動産」がおすすめです。

吉泰不動産は武蔵村山に密着した今一番勢いがある不動産会社です。

大手の不動産会社にはない、きめ細やかなサービスが特徴です。

また、取り扱っている不動産も多く、サイト上で物件の一覧を見ることができるので、吉泰不動産の公式サイトも大変参考になります。

もしあなたが、武蔵村山で不動産をお探しでしたら、
「吉泰不動産」で決まりでしょう。

吉泰不動産公式サイトはこちら↓
新築 武蔵村山

 

<コラム・マンションを買ったときの決め手>
私はこれから独身で生きていくと決めてから、30歳までにはマイホームと決めていました。
実家が田舎で結構立派な一戸建てだったので、マンションに昔から憧れていて、買うなら都心に新築マンションと思っていました。
実際にマンション探しを始めて1年ほど、中々いい物件に出会えないままだったのですが、急に気になる物件が3つ程見つかりました。
忙しかったので、同日に3件とも見学予約を入れてハシゴしたところ、2番目に行ったマンションの営業担当さんが妙に私たちとフィーリングが合って、「このマンション買うかも」という直感がありました。
その日、一緒に見に行った家族たちと夕食を食べながら、どこがよかったかと話をしていたら、満場一致で私が直感的に思ったマンションでした。
立地と営業担当が良かったからという理由からでした。
次の日早速、購入にむけて話をしたい旨伝え、予算に合う部屋と、間取りの自由がきく部屋か等と、具体的な購入プラン等の相談をして、階数やオール電化にするかとかで色々問題はありましたが、最終的には間取りも自由に出来て購入が決まりました。
契約時、私は27歳で、営業さんは父親と同じ年ぐらいの人でしたが、なめることも無く誠実に最後まで丁寧に対応してくれました。
いい部屋がないと悶々としていた時期は結構悩んでいたのに、決めるときは案外フィーリングなんていう不確かなもので決まるものだな、人柄とか縁というものの大事さと不思議さを感じた買い物でした。